アトリエ日記 ~女性建築士のつぶやきです

建築、住まい、日々の暮らしのことをつぶやいていきます

天井照明と一体化し、場所を取らない空気清浄機

わが家は4人家族の全員が花粉症で、症状の軽い重いはそれぞれですが、特に症状が重い家族の花粉対策には気を使っています。

 

例えば洗濯物は外には干さない、花粉の時期には窓を開けたところをぐっとガマン、時にはエアコンの送風機能を使い、リビングの空気清浄機は24時間365日、稼働させています。

 

このリビングの空気清浄機について、そろそろ買い替え時かなと思い、いろいろ探しているのですが、ある程度の能力が欲しいとなると形も大きくなり、お値段も高くなり「うーーん」と悩んでいました。

 

そんな今日この頃ですが、

照明と一体型になっていて場所を取らない空気清浄機

があることを知りました。

 

一つ目は2018年1月に販売開始となったsharpの「天井空清」。

天井のLEDシーリングライト(照明機能)と空気清浄機能を兼ね備えています。

 

sharp「天井空清」

 

 

f:id:keiko_inoue:20180416113017j:plain

 

 天井から下に垂れ下がるペンダントライトと違い、天井にくっつくシーリングライトなので、圧迫感がなさそうです。

 

f:id:keiko_inoue:20180416124118j:plain

 照明器具としては調光10段階で寒色から暖色まで、プラス八重桜とソメイヨシノの桜色もあります。

 

 一番下のフロントパネルから室内の空気を取りこみ、照明器具に内蔵されたフィルターを通してキレイになった空気が上部側面から排出されます。

 

f:id:keiko_inoue:20180416113034j:plain

 

画像出典:いずれもsharpホームページより

 

 

照明器具としても、空気清浄機としても高性能とのこと。

 

空気清浄機能としては、花粉の1/12の大きさしかない小さな粒子のPM2.5まで、しっかり除去する能力があるとのことです。

 

また、静電HEPAと脱臭が一体化したフィルターが内蔵されているため、ニオイもちゃんと除去してくれるとのこと。うれしいですね。

 

リビングの真ん中の天井に、ドンとつけたいイメージです。

 

もう一つは、食卓の天井につけたい

富士工業株式会社のcookiray(クーキレイ)。

 

2012年9月の発売とのことで、こちらが照明一体型空気清浄機の草分け的な存在といえるでしょう。

 

 ■富士工業株式会社「cookiray」

f:id:keiko_inoue:20180416114447p:plain

 

※上の写真は高級感がある「ウッドブラック」。デザインは数種類あります。

 

f:id:keiko_inoue:20180416114513j:plain

 

食卓の上で発生した油や煙、ニオイを吸い込んで、照明器具に内蔵されたフィルターを通してキレイな空気を室内に戻してくれます。

 

画像出典:いずれも富士工業ホームページより

 

こちらのすごいところは、繰り返しになりますが、食卓を照らすペンダントライト(LED照明)として使用しながら、食卓で出たニオイや油、煙をカットしてくれる点です。

 

マンションや、近隣住戸がひしめき合うような環境では「ニオイ」も近隣問題のひとつとなっていますが、こちらはそんな悩みも解消してくれそうです。

 

また、室内にニオイがついたり油が飛び散ることを懸念して、自宅で焼肉を自粛しているご家庭もあると思います。そんなご家庭にも良さそうです。

 

sharpの「天井空清」と富士工業の「cookray」、この二つとも、天井に引っ掛けシーリングがついていれば、自分でつけることができます。

 

床に置くタイプの空気清浄機は、置き場所に困ったり、コードが危険という悩みがありましたが、これらのように、天井の照明器具と一体化してしまえばそんな悩みも解消されますね。

 

なにより「空気清浄機を天井にもっていっちゃおう」という着眼がユニークだと思います。

 

発想や機能は素晴らしいのですが、次に気になるのはそのお値段です。

 

sharpの「天井空清」FP-AT3 は本日の価格.comの最安値で69,448円。

 富士工業のcookirayは、同じく本日の価格.comの最安値で31,795円(ホワイト)~79,932円(ウッドブラック)となっています。

(cookrayは照明器具のデザインによって価格が変わります)

 

 

空気清浄機能の「場所を取らない」ということにどれだけ価値を置くか、でしょう。

 

新築の家で、照明器具と空気清浄機を、両方とも「これから買う」という時は、いいかもしれませんね。

 

花粉症の人にとっては、空気清浄機はマストです。

わが家でも熟考中ですが、空気清浄機を検討している人は、今回ご紹介したような、

照明器具一体型で場所を取らない空気清浄機も、ひとつの選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

スマホでピッ!とお買い物。中国の電子マネーを体験

2018年のお正月、上海へ行ってきました。

上海に行くにあたり、現地で使うお金はどうしたらよいか?という話になりました。

 

一般的に、外国に行く場合、日本円(現金)を持っていき、現地に到着してから空港や銀行で現地通貨に両替するパターンが多いのではないかと思います。もちろん、クレジットカードを使う場合もありますが、小さなお店などで使えないことも想定し、少しくらいは両替しますよね。

 

f:id:keiko_inoue:20180108183212j:plain

中国の通貨「元」。100元=約1800円(2018年1月現在)

しかし、中国の場合はちょっと違うようなのです。今回、私たちの旅のガイドを担当してくれた、上海生まれ、上海育ちのA氏(30代男性、既婚、子持ち)によると、現在、上海ではほとんど現金のやり取りはせず、電子マネーで決済しているとのこと。

 

つまり、スマホでピッ!とするだけで、ありとあらゆる支払いを済ませてしまうことが可能なため、普段は現金を持ち歩かないというのです。

 

日用品の買い物はもちろん、光熱費の支払い、銀行のローン、飛行機や列車の予約や支払い、お年玉や結婚のお祝いなども、全て、電子マネーで決済。なんと、街中の物乞いへの寄進も電子マネーでするらしいです。

 

そういう社会になってきているため、旅行者が現金で買い物をすると嫌がられたり、おつりがないお店もあるというのです。それは困りますよね。

 

こんなこともあろうかと、私の同行者の一人はあらかじめ、日本国内で「WeChatPay(ウィチャットペイ)」を開設して来ていました。

 

「WeChatPay(ウィチャットペイ)、微信支付」は「Alipay(アリペイ)、支付宝」とともに中国でよく使われるスマホベースの2大決済手段の一つです。

 

f:id:keiko_inoue:20180108185237j:plain

 

↑ こちらがWeChatPay(ウィチャットペイ)のスマホの画面です。

これを使い実際に決済をしてみたところ、ほとんどのところで可能でした。

 

一部電子決済できなかったところは、

・田子坊(たごぼう=雑貨店などがひしめくショッピングエリア)のお饅頭屋さん

・豫園(よえん=商業施設の集まるショッピングエリア)のお土産屋さん

・タクシーの支払い(の一部)

・地下鉄の切符の購入    でした。

 

地下鉄の切符の購入については、現在は現金のみですが、すでに電子マネー決済用の販売機がスタンバイされていたので、もう少ししたら電子マネーで購入できるようになるでしょう。

 

f:id:keiko_inoue:20180108191018j:plain

↑ こちらが地下鉄の券売機です。現金で購入中。

 

f:id:keiko_inoue:20180108191119j:plain

↑ こちらが地下鉄の切符。切符は降りる時に回収されます。

 

現金での買い物もしましたが、滞在中拒否されるなど困ることはありませんでした。それはたぶん、観光客が良く行くところでは、まだ現金でのやり取りが残っているからだと思います。お土産屋さんで一か所、おつりの小銭がなかったところがありましたが、その分はおまけしてくれました。

 

では「現金でお買い物をしていればいいじゃないか」というとそうでもなく、中国ではおつりの中に偽札や破れて使い物にならない紙幣を混ぜたり、小銭のおつりを出してくれない等のトラブルがあるそうです。そう考えると、旅行者にとっても、小銭まできっちり決済できる電子マネーはそれらの心配もなくなり、便利である、と言えると思います。

 

中国では、この電子マネー決済により国民の「信用度」を点数化する動きがあるそうで、きちんと支払いをしている人の「信用度」は高得点となり、優先的に予約できたり結婚や就職でも有利になるなど、さまざまな特典を得られるそうです。反対に支払いを滞ったりすると、ブラックリストに載ってしまい、ホテルや飛行機の予約も取れなくなるそうです。中国では、そのようにして「信用度」を管理される社会が構築されつつある、とのことです。

 

中国でのキャッシュレス社会やスマホ依存は日本よりずっと進んでいることを体感しました。日本でもいずれ中国のようにスマホで何でも決済するようになるかもしれないし、知らないうちにデータを取られて格付けされる社会になるかもしれませんね。もしそうなったときに、それが私たちの暮らしにどのような影響を与えるのか今は想像できませんが、まずは中国がどのように変わるのかを見ていきたいと思います。

 

参考サイト

「信用」が中国人を変える スマホ時代の中国版信用情報システムの「凄み」

日本国内でWeChetPayを開設してお金をチャージする方法

 

 

 

 

 

 

 

自然と一体になった竹構造のオープンカフェ in ベトナム

この夏、ベトナム人建築家 ヴォ・チョン・ギア氏の建物を見てきました。そのうちの一つをご紹介します。

ヴォ・チョン・ギア氏は日本で10年ほど勉強してからベトナムに戻り、竹構造の作品を発表しています。21世紀を代表する若手建築家と言われているそうですよ。

 

■ Wind and Water Cafe

(ウインド・アンド・ウォーター・カフェ)

ホーチミンの中心ドンコイ通りからタクシーで40分~1時間くらい、ホーチミン郊外の新興住宅街の中にあります。

 

f:id:keiko_inoue:20170912150522j:plain

 

↑ 長いアプローチを通ってたどり着くお店の入口です。建物は円形をしており、カフェの外側と内側に池があります。大きな樹木が周囲にたくさん植えられています。

 

屋根は風を呼び込むV型になっており、この池を通ってくる風が気化熱により冷やされ、オープンカフェでも暑くない、というコンセプトのようです。

 

f:id:keiko_inoue:20170912150821j:plain

 

でも…実際は暑かった。大きな扇風機があちこち置かれ、ぶんぶん回されていました。屋根と柱はアーチをえがく竹構造になっています。

 

真ん中の池にはいくつかステージが浮かんでいて、そこでもお茶を楽しめます。

f:id:keiko_inoue:20170912151023j:plain

 

訪れたときには池の中で若い男女が仲良くお茶をしていました。池に映りこんだ周囲の木々がとても素敵です。すごく気持ちよさそうです。

 

f:id:keiko_inoue:20170912151218j:plain

 

↓ こちらは道路からカフェまでのアプローチ。

入口にガードマンが立っていて、あっちだよと教えてくれました。長いアプローチなので、教えてもらわないとちょっと躊躇するかもしれません。

 

f:id:keiko_inoue:20170912151416j:plain

 

 

ちなみにカフェではこのようなお食事もできます ↓

 

f:id:keiko_inoue:20170912152021j:plain

 

私たちはタクシーに乗ってわざわざ行きましたが、普段はご近所の人が気軽に立ち寄るカフェ、という感じでした。

 

こちらはヴォ・チョン・ギア氏初期の作品ということで、これが発展してホイアンのホテル ナマンリトリートに昇華されていくのだなと思いました。

 

竹を使った建物と言えば、バリ島のバンブー建築も注目されていますよね。

竹のしなやかさを活かして自由自在に曲線を描いたり、面白い形にできたりと、注目の建築資材なのかもしれません。

 

■ヴォ・チョン・ギア アーキテクツ

http://votrongnghia.com/

 

 

 

建築士の自邸訪問

山形県山形市で「廣田建築設計事務所ひろたけんちくせっけいじむしょ)」を主宰している女性建築士の廣田慶子さんが設計した、在来木造2階建ての自宅兼事務所を拝見させていただきました。

 

 

写真1: 2階から1階リビングルームを見下ろしたところ。リビングルームの上部は吹抜けの傾斜天井になっていて、開放感にあふれた明るい空間になっています。

f:id:keiko_inoue:20170506231930j:plain

 

 

 

写真2:中央のテーブルとベンチは山形市の「家具工房モク」に作ってもらったオリジナルの家具。テーブルはもう少し大きい方がよいのでリフォームしてもらう予定だそうです。

f:id:keiko_inoue:20170507002332j:plain

 

 

写真3:テーブルの上のティッシュケースはこの家を建ててくれた大工さんの手作り。新築のお祝いにいただいたとのことです。

f:id:keiko_inoue:20170507005352j:plain

 

 

写真4:廣田家の家族の一員の瑠璃ちゃん(メス、10才)。ウッドデッキに面して日当たりの良い場所がお気に入り。床のフローリングはリボスの自然塗料が塗ってある杉の無垢材です。杉はやわらかい樹種なので、ワンちゃんの足にもよさそうです。

f:id:keiko_inoue:20170506234030j:plain

 

 

写真5:廣田邸のペレットストーブ。高断熱・高気密住宅のため、室内の空気を汚さないFF方式の「ほのか」(山本製作所/本社:山形県天童市)を採用。スタイリッシュなデザインで人気の機種です。

f:id:keiko_inoue:20170506235314j:plain

 

冬の寒さが厳しく森林資源が豊富な山形では、薪を燃料とする「薪ストーブ」や間伐材などから作られるペレットを燃料とする「ペレットストーブ」を暖房器具として利用する人が増えています。どちらも体の芯からぽかぽかになり、バツグンの暖かさです。なによりゆらゆらと揺らめく炎には心から癒されます。

 

写真6:2階から庭を臨む。広い庭は近々フェンスで囲ってドッグランにする予定。その先の新緑も美しく、借景も素晴らしい。

f:id:keiko_inoue:20170507001905j:plain

 

 

写真7:訪問時、前日摘んだという山菜をごちそうになりました。左が胡麻和え、右がお浸しです。

f:id:keiko_inoue:20170507002245j:plain

 

木がふんだんに使われた室内でいただく摘みたての山菜は、格別なおいしさでした。

 

廣田さんは山形の女性建築士として第一線で活躍中。私が2011年8月~2015年3月まで山形に住んでいた時にもいろいろ教えていただきました。東北ならではの冬の寒さも含めた四季の自然の美しさなど、その地の特性を生かし、地産材を多用した住まいづくりをされています。

 

【関係リンク】

家具工房モク 木の家具ギャラリー

山本製作所 ペレットストーブ

女性すまいネット@山形

 

じわりと人気 シャワーヘッドの交換リフォーム

いよいよ本格的な夏を迎え、シャワーを使用する回数も増えていると思います。

このシャワーのお湯が出てくるところ(=シャワーヘッド)を交換するリフォームが

いま、じわりと人気が出ているそうです。

 

さっそくホームセンターに行って見てきたところ、専用の売り場にたくさんの種類のシャワーヘッドが並んでいました。人気があるのって本当だったのね、と実感。

 

 

f:id:keiko_inoue:20160803165719j:plain

 

そのお値段は一つ数千円から、高くても8千円程度。

節水効果をうたっているものが多いのですが、中には頭皮マッサージ機能など、リラクゼーション機能が売りのものまで、いろいろあります。

 

もし節水目的で交換するなら、手元に「止水ボタン」があるタイプだと流しっぱなしを防ぐことができ、より節水効果を期待できます。

 

ちなみに節水タイプだとシャワーの水圧が弱いのでは?と思うかもしれませんが、シャワー穴を工夫することで、水を節約しながら水圧の使用感に物足りなさを感じないように作られているとのことです。実際に使ってみても、特に不満は感じていません。

 

シャワーヘッドの交換はホースとの相性もあります。シャワーヘッドに付属品としてついてくる接続用のアダプタを使えば、たいていのものは合うようです。

 

交換方法は、既存のシャワーヘッドを回して取り外し、新しいものを回して取り付けるだけ。とても簡単に交換できます。

 

節水タイプのシャワーヘッドはビジネスホテルなどでも見かけるようになりました。お水の節約だけでなく、お湯の節約でガス代なども削減できるので経費削減につながるのでしょう。

 

このシャワーヘッドの交換リフォームのコラムは、公明新聞7月28日号の「ホッとライフ」のコーナーで掲載されました。

 

 

f:id:keiko_inoue:20160803172241j:plain

 

お手軽リフォーム術 ~ マスキングテープを使って小物をリメイク

マスキングテープ(=マステ)が文房具の一種として人気がでてきたのはここ数年のことです。今回、実際にマスキングテープを使って小物のリメイクをやってみました。

 

f:id:keiko_inoue:20160726111449j:plain

 

 

【上の写真】は数種類のマスキングテープを使って、ごくごく一般的な茶色のプラスチックの植木鉢をデコレーションしてみた様子です。華やかになり、グリーンが一層引き立つように感じます。

 

マスキングテープは基本、ペタペタと貼っていくだけ。貼って剥がしてを繰り返しできるため、とてもお手軽にできます。ただし、植木鉢のような曲面に貼る場合、貼っていくうちに柄(がら)がずれていってしまうので、それが気にならないような柄のマスキングテープを選ぶか、短く切ってコラージュするように貼っていく方がいいようです。

 

その下の写真は、段ボール箱にワイドクラフトテープを貼ってみたものです。いろいろな柄のテープの中からフローリング調のものを選びました。広い面積に貼るため、マステよりテープ幅の大きいテープを使いました。こちらは一度貼ってしまうと剥がすことが難しいため、慎重に貼る必要がありました。

 

マステは100円ショップや文具店、通信販売で購入することができます。また、ブームになったためか、旅先のお土産屋さんでそこでしか購入できないご当地マステなども売っています。

 

f:id:keiko_inoue:20160726114526j:plain

 

【上の写真】は奈良訪問時に購入したもの。写真後列の二つは奈良大和文華館

オリジナルの「殿様蛙行列図屏風」(左)と「鳳凰」(右)。写真前列はいずれも奈良東大寺の「四天王」をデザインしたマスキングテープです。とても個性的なマスキングテープで、どこに貼ろうか、楽しく考え中です。

 

これから旅行に行かれた際は、ぜひご当地マステを探してみてくださいね。

 

今回ご紹介したマスキングテープやクラフトテープを使って小物をリメイクする方法は、6月30日付公明新聞「ほっとライフ」のコーナーに掲載されました。

 

f:id:keiko_inoue:20160726121009j:plain

 

 

 

ホッとライフ お手軽リフォーム術 DIYで室内に物干しスペースを作ってみよう

梅雨の時期、お洗濯を干す場所に困っていませんか?

もしお困りでしたらDIYで室内に洗濯物干しスペースを作ってみませんか。

 

ホームセンターなどに行くと、さまざまな種類の室内物干しグッズがあります。

例えば

・必要な時に壁から壁にコードを伸ばすタイプ

・天井から棒を吊り下げ、その先端にあるわっかの部分に物干しざおを通すタイプ

・窓枠に物干しざおを引っ掛ける金具を取り付けるタイプ

                             などなど

 

今回は必要な時だけコードを伸ばすタイプ(写真左)を取り付けてみました。

また、壁に金具を取り付けるために、壁の下地がある場所がわかるセンサー(写真右)と、針を刺して下地を探す工具(写真中央)も併せて使用します。

 

f:id:keiko_inoue:20160701160153j:plain

 

室内物干し金物は、洗濯物の重量がかかっても落ちないように、しっかりと取り付けなければなりません。そのためには、壁の内側に入っている、柱や間柱などの位置を調べ、そこにしっかりとネジを打ち込まなければなりません。

 

室内物干し金具を取り付けることはそんなに難しくないのですが、この壁の中にある柱や間柱の位置を調べるのが少し難しいかもしれません。実際にセンサーを使って調べてみましたが、センサーが鳴る場所が何度やってもズレます…! 

 

壁に針を刺して下地の位置を調べるという方法も、壁に穴が開くため、なんとなくためらいがあるかもしれません。

 

結局、壁の中の下地を探す方法で一番わかりやすかったのが、ドライバーの背で壁をたたいていき、音が変わった場所を探すという方法です。トントン…が、ドンドンと鈍い音に変わった場所が、中に柱や間柱のある位置になります。

 

あとは、柱や間柱が入っている位置をあらかじめ予測することもできます。例えば、ドアや窓などの開口部の両脇や、壁と壁がぶつかるところなどには、たいてい柱か間柱が入っています。柱や間柱は45センチピッチで入っていることが多いので、それも目安にしてもいいでしょう。

 

取り付けの様子は2016年6月16日発行の公明新聞に掲載されました。

 

f:id:keiko_inoue:20160701155256j:plain

 

なかなか実用的ですので「洗濯物は自然乾燥したいけど室内に干す場所がない…」

という人は、ぜひやってみてください。

 

※木造住宅の取り付け方法になります。